【強調構文】

1.It is adults who create the world where our children will grow up.
私たちのこどもが育つ世界を創るのは(こどもたち自身ではなく)大人である!
※こどもと大人の対比が含まれている可能性を考える

2.強調構文にとっておきのツイートが在りましたので添付

★説明
基本的なもの↓
強調構文

強調構文に関してはあまり効果的な説明をしているものがない。

スタディサプリの関先生の英文解釈を見てもらうほかない。

もしお金がもったいない(ない)なら1ヶ月だけでもいい。1980円で英文解釈と英文法を見きってほしい。もしくは、無料体験でもよいので強調構文と名詞構文、英文法の苦手分野わ、押さえてほしい。

これまでの授業や参考書の説明を全て打ち砕く説明。
こんなに分かりやすい教え方があるのだな。唸るしかない、
この一構だけでも1980円払う価値あり。

複雑で英語が嫌いになるであろう、挫折と隣り合わせの英文が、むしろ得意にキタキタキタと思いながら読める。そして、そこが設問で問われて多くの人は撃沈するが、ここを得意としておければ勝ち組になれる。

It is not A but B that ~
→It is not A that ~. B ~
→not A ~.It is B that ~.
not A は後ろにくることも。

It wasn’t until A that B
AまでBしない
AしてはじめてBする

It wasn’t until the dawn of IT Revolution around 1995 that human growth and its impact on information industry began to explode.
1995年ころにIT革命がはじまってはじめて、情報産業への影響が爆発し始めた。

詳しい説明はスタディサプリ関先生の高3ハイレベル英語リーディング<英文解釈編>