kudan株式会社 将来性

コンスタントにIR情報
少しずつ明るみにでてくるか。
みんなのエージェント

kudan株式会社将来性

https://www.xdomain.ne.jp/

項大雨 

世界を変える「コンピュータの目」

https://an-life.jp/article/871/?para=5

大野智弘
お名前.com

2011年英国のBristolで創業
独自のArtificial Perception(人工知覚)技術である空間認識や運動感覚認識のソフトウェアを、 AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、ドローン、自動運転、ロボティクスなどの応用技術先に提供している。

https://a.r10.to/h6oHaU

代表取締役 項大雨
トヨタ自動車
マッキンゼー

googleになりたいとは思わない 大野智弘
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-02/PPA5RT6KLVRG01

みえない変化への担保 大野智弘
https://shachomeikan.jp/corporations/22009/intro

非競合の戦略 大野智弘
http://atuiomoi.net/seikouhousoku/business/post-903.html

製品化のタイミングで黒字化はしそう
https://finance.logmi.jp/376588

医学部生のnote
4.2兆でソフトバンクが売り出したArmになる
https://note.com/kabuhonki/n/n92374b43cd90

ライセンス費用
https://www.xlsoft.com/jp/products/kudan/price.html

天変地異を起こせるか
https://xr-hub.com/archives/16510

要素技術でも大企業に見つけてもらえる
https://jp.techcrunch.com/sponsored/ryot_docomo-5gopp-1/

Lider
https://www.keyence.co.jp/ss/general/automotive-manufacturing/010/#:~:text=LiDAR%EF%BC%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81,%E6%96%B9%E5%90%91%E3%82%92%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

2020年2月 上場あっての買収「深く鋭く」
https://c-eye.ne.jp/top/download/index?id=148

2022年第二四半期コメント
https://minkabu.jp/news/3126553

「地球規模で面白いこと、新しいことがやりたい」
https://amater.as/job-change-interview/kudan/

2019年ニュースピックスインタビュー

https://newspicks.com/news/3855321/body?sentlog

大野 アメリカでも「世の中のどんな課題を解決するんですか?」とよく聞かれますが、正直言って考えていません。そもそも、今分かっている課題の解決は面白みがないんです。過去の延長でしかないので。
項 たとえば現代はGPSがタクシーの配車アプリに使われていますが、おそらくGPSの開発者はそのような利用シーンを考えていなかったのではないでしょうか。
これまでに世の中に出てきたインフラレベルの技術も、現在大きなインパクトをもたらしているソリューションを目的に開発されたものではなかったはずです
大野 私は、Deep Techのユースケースを問われても、Kudanとして明確に答えるべきではないと考えています。仮に私が何らかのソリューションを提示して、そこにスポットライトが当たってしまうと、その瞬間にDeep Techの追求が難しくなってしまう。それはKudanがKudanでなくなることを意味します。
現状の課題を解決する事ももちろん多々ありますが、まだ実現されていない将来を創り出すと同時に、将来の課題を解決する一端となるのがDeep Techです。

https://www.xdomain.ne.jp/

https://a.r10.to/h6oHaU

本読み放題は最高